So-net無料ブログ作成
検索選択

宮沢りえが亡き母へ コメント!! [芸能]

スポンサーリンク




演技派女優の宮沢りえ(41)のお母様で、宮沢の所属中の「エム・ツー企画」のCEOを務める宮沢光子さん(65)が、23日に逝去した。65歳でした。

りえママ.png

光子さんは肝腫瘍の診療を受けていたが、自らの考えにより家で療養生活 をやっていた。通夜、密葬は近親者にてすませたとされる。

 りえは「最後に、生きるという意味の綺麗さと、スゴさと、その役割を教えてもらいました。このようなあらゆるお宝を心に、あたしは、俳優として、お母さんとして、女となって、惜しむことなく生きていこうと思います」とコメントを公表した。

 りえは、11歳で芸能界初登場。「三井のリハウス」のCMでブレイク。光子さんは“りえママ”と呼ばれており、マネジャー役を務める「舞台ママ」ということで知られ、りえの素っ裸ビジュアルファンブック 売り込みなど、話のたね作りでも評価された。

 りえは6日に東京・Bunkamuraシアターコクーンで開幕した芝居「火のようにさみしい姉がいて」(演出・蜷川幸雄)に出演中。24日は休演日となっていた。





タモリ フジのレギュラー仕事復帰!宮沢りえと共演で“夜間の顔”に・・
 

芸能人のタモリ(69)がフジテレビのレギュラーTVの番組に“仕事復帰”するということが26日、わかった。10月始まりのトークバラエティー「ヨルタモリ」で、午後11時台放送スケジュール。バラエティショー番組で初レギュラーとなる女性俳優宮沢りえ(41)との共演にも注目されそうだ。

 今年3月に終えた「笑っていいとも!」でフジテレビの“昼間の顔”を32年間務めたタモリが「夜間のタモリ」となってお茶の間に帰ってくる。フジテレビの発表では、テレビ番組の現場は「あるお店らしきスペース」。“馴じみ客”であるタモリにお会いするため、夜な夜なタレントが店を訪問して、店の奥さんである宮沢を盛り込んでトークを展開していく。番組題名の「ヨル」には「夜」のほか「タモリが“寄る”」「タモリに会いにタレントが“寄る”」といった意味が込められていると言う。

 中嶋優一リーダープロデューサーは「『笑っていいとも!』で民間人的司会者となる前に演じていた、元来のタモリさんの芸を満足行くまで活かしていただき、正午とは真逆のタモリさんの面白さを届けられたらと思っています」と前面に打ち出した。










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。